AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

エイズ流行の基礎知識

(1)性的ネットワーク

 HIVの流行は、性行為や薬物を注射する行為によって人々が連鎖する場合、つまりネットワークが形成される場合で、しかも1人が平均1人を超える相手にウイルスを移す場合に生じます[1]木原正博、木原雅子、Zamani S.性的ネットワークと性感染症.日本医事新報 4248:7-12、2005[1]。図1は、米国の疾病予防管理センター(CDC)が発表した、米国のある小さな町における異性間の性的ネットワークとHIV感染の様子を示したものです[2]2Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Cluster of HIV-infected adolescents and young adults-Mississippi, 1999. MMWR Sep.29,2000 /49(38);861-864[2]。この図から、以下の2つのことが指摘できます。  

 1) ネットワークの形成には、パートナー数の多い人々(「コア」)が大きな役割を果たす。
 2) ネットワークに連結されている場合には、相手が一人でもHIVに感染する危険がある。

 こうした性的ネットワークが発達した社会や集団では、まず性感染症が流行し、次いでHIVが流行していくことになります。


[1]木原正博、木原雅子、Zamani S.性的ネットワークと性感染症.日本医事新報 4248:7-12、2005[1]木原正博、木原雅子、Zamani S.性的ネットワークと性感染症.日本医事新報 4248:7-12、2005
[2]2Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Cluster of HIV-infected adolescents and young adults-Mississippi, 1999. MMWR Sep.29,2000 /49(38);861-864[2]2Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Cluster of HIV-infected adolescents and young adults-Mississippi, 1999. MMWR Sep.29,2000 /49(38);861-864

 

3-(1).性的ネットワーク 3-(2).性感染症とHIV感染の関係 3-(3).流行期分類
<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS