AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
HIV流行の世界的状況
増加率で見ると、東欧・中欧とオセアニアで150%を超えますが、東アジアが90%とそれに次ぎます。ただし、東欧・中欧では新規感染の発生はすでに鈍化しているため、東アジアとオセアニアが、現在、世界で最も新規感染増加の勢いが強い地域となっています。
続きはこちら>>
日本におけるHIV流行の現状
多剤併用療法が導入された1996年以降は減速しながらも増加が続き、2006年には過去最大の406人が報告されました。主な先進国の中で、多剤併用療法の導入後もAIDS患者報告数が急減せず増加を続けているのは、日本だけです。
続きはこちら>>
日本の社会的状況
日本のHIV流行は、同性間感染が先行するという低流行期の典型的パターンを示しながら、次第に集中流行期に移行しつつあり、そして、若年層を中心としながら、全国的に拡大している状況にあると考えられます。
続きはこちら>>

エイズ対策の状況
HIV、性感染症などに関する国民の普及啓発は、全国的に低いレベルに留まっていることが示唆されます。HIV流行のコントロールが難しいことを念頭に、各自治体で科学的なエイズ対策が早急に確立されていく必要があります。
続きはこちら>>
厚生労働省  

 このサイトは厚生労働省科学研究エイズ対策事業研究班による調査を基に制作・運営されているサイトです。エイズ、性感染症に関する多くの最新データを公開し普及啓発を目的としています。

  情報リソースとして、国連合同エイズ計画(UNAIDS)世界保健機間米国疾患管理予防センター(CDC)財団法人エイズ予防財団国立感染症研究所感染症情報センター財団法人性の健康医学財団などの協力を得ています。


最新情報

2014.03.
01   エイズ/STI関連データベースを2013年度版に修正しました
2014.03.
01   エイズ/STI関連データベースを一部修正しました
2013.03.
01   エイズ/STI関連データベースを2012年度版へ修正しました
2012.03.
01   エイズ/STI関連データベースを2011年度版へ修正しました
2011.03.01
   エイズ/STI関連データベースを2010年度版へ修正しました
2009.02.
11   エイズ/STI関連データベースのホームページを公開致しました



国連合同エイズ計画(UNAIDS)

世界保健機関     米国疾病管理予防センター(CDC)

国立感染症研究所感染症情報センター   財団法人性の健康医学財団  財団法人エイズ予防財団

ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS